スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

料理 

これ、好きですか?
私は、嫌いです。

でも「嫌いでした」になるかもしれない、と感じてます。

前回に続いてちょっとテンション低めの話しになるかもしれませんが笑


先日だんなと食事作りについてちょっと話して、
私はどうしてもこれが好きになれないことに心の底から気づきました。
でもだんなから言われた「シンプルに」という言葉。
その方法は「レシピを見ない」というものでした。
結婚してから3年が過ぎてもレシピなしで作れる料理が無い私…恥ずかしいけど本当の話。

結婚してから時間があるときはだんながよく食事を作ってくれます。
もちろんレシピなんてありません。
その日の気分と冷蔵庫にあるものでパパパッと作っていきます。
うまくできてご満悦の日もあれば、思い描いた味が出なくてご機嫌斜めの日もあります笑
でも私には「パパパッ」と作れてしまうところがうらやましく、また出来上がったものもいつも美味しく食べていました。
「やっぱり作るより食べるほうがいいな~」なんて。

でも毎日そういうわけにはいきませんよね。
そうなると食事作りが私にとって最大のストレスとも言える日々なのです。
どうにか好きになりたくて、いろんなレシピを試してきたのですがどれもその場限りがほとんどでした。

だんなの言う「シンプル」は、
いつもある材料で好きなようにアレンジして作っていくということ。
うまく行かなかったら数日後にまた挑戦してみる。
またうまく行かなかったら数日後に…。
たまには変わったものを入れてみたり。
そうしていくうちに「自分の味」が出せるようになるって。

そう言われると、
なんだか私にもできそうな気がしてきて笑
今日は食事作るのが楽しかったんです☆
自分でもびっくり。

どんな味が出来上がるか分からない「楽しみ」ができました☆
これが「恐怖」にならないように気をつけて笑
いつか「これかあちゃんの味だね~」って言われたら嬉しいですね。
スポンサーサイト

[2006/09/12 21:56] 未分類 | TB(0) | CM(13)

お元気でしたか~!ブログ再開おめでとうございます。
初めての育児で大変なんだから、ブログは気晴らし程度に楽しんでくださいね。
でも楽しみにしてますからね~。
ずっとずっと間が空いていたから、何かあったんじゃないか~ってちょっと心配だったんです。
でもこうして連絡してくれて嬉しいです。
これからもお互いぼちぼち更新で、よろしくお願いします☆
[2006/09/29 22:03] asahimoさんへ [ 編集 ]

お返事遅くなってごめんなさい。
のぽぽんさんのだんなさまもお料理作ってくれる優しいだんな様なのですね♪
私たちは見る目があるということでしょうか笑
普段は粗食でたまに豪華…これいいですね。家計にも嬉しい話かも☆
心に留めてやってみます。
玄米はうちも時々食べます。だんなもたまになら「美味しい」と言っていたので、今度夕食に出してみようかな。体にいいもの食べていきたいですね。
アドバイスありがとうございます☆
[2006/09/29 21:59] のぽぽんさんへ [ 編集 ]

お久しぶりです。
昨日、ブログを再開しました。(続けばいいんだけど・・・)

何かと気にかけてくださりありがとうございます(: ;)
いつの間にか引っ越しをされていたのですね。

料理が苦手、同じくです。
私は得意料理はありません(笑)
とにかくいつも適当なのです。
ただ、旦那には健康でいていただかないと困るので
できるだけバランスを考えつつも、これまた適当に作っています。

得意なのは、冷蔵庫の残り野菜を全部使ってしまえるような
スープ系です。野菜を切っては鍋に放り込み、グラグラとひたすら煮るのです(笑)
カゴメの「基本のトマトソース」という缶詰めを使ったりして、
そこへマカロニも投入したりしてそれらしくします。。。

でもかあちゃんも料理が苦手と知って安心しました。
主婦ってだけでみんな料理ができそうに見えるので、
ダメダメな自分がいつも悩みなのです。ハハハ・・・

(かあちゃんも30歳になったんですね!同じ同じ!!)


[2006/09/29 00:17] http://ameblo.jp/asahimo asahimo [ 編集 ]

だんな様、素敵~! でもうちのだんな様も素敵よ! 私は「これぞマクロビオティックよ!」(←全くのエセです)と開き直り、かなり粗食。玄米ご飯に味噌汁、大豆で桜の80%くらいは作られています(?) 何でもよく食べる子だけど、普段はこんな感じの粗食ばかりです。 が、週末のパパ料理はお肉が出る~!と、たまのお肉料理に大喜び。普段は粗食でたまにちょっと豪華に・・・。そうするとちょっと豪華が、ものすごい豪華に感じられて一石二鳥です!
[2006/09/22 22:19] のぽぽん [ 編集 ]

最近返事が遅くてごめんなさい。

remamaさんへ
わざわざありがとうございます。
鶏関係も大変ですね。
ぜひ遊びに行かせてください☆
ちょっといつになるか分からないですけど笑、きっと行きますよ♪
男の料理って、女にはない大胆さがあって好きです。
remamaさんのだんなさまのお料理も楽しみです♪

makiさん、こんばんは☆
makiさんはあんなにきれいにお裁縫されるのに、お料理は苦手だったんですかー。
なんかうれしい。ってへんな言い草ですけど、ホント一生懸命作ってもあっという間になくなって、また片付けなきゃいけないのってちょっと悲しいですよね。
お料理並べてお友達呼んだりしたいな~なんて思うんですけどね、私には無理みたいです笑
[2006/09/22 21:42] みなさんへ [ 編集 ]

かあちゃんさんの気持ちよくわかるなぁ~~~。
アタシは料理は家事のなかで一番にがてなんです。
だって、一生懸命作ったのになくなっちゃうんだもん!!(笑
当たり前だけど。。。
そういう気持ちで作るからいけないんですよねぇ、、、
綺麗に平らげてくれたら嬉しいのですけど、
小物作りとは違って2度楽しめないというか。
料理好きじゃないからいろんな言い訳くっつけてるだけですね(^^ゞ
料理本見ながら作ったりもするけどやっぱり続かない。
凝った料理は作れないっすね~、、、
[2006/09/20 09:39] maki [ 編集 ]

うちのだんなのいるお店は、長野県佐久市にある『とりやたまや』っていうお店です。念のため、HPアドレスもお知らせしときますね。
http://www.toriyatamaya.com/
とりと卵の専門店なので、かなり苦労しているみたいです。
っていうか、旦那のつくるものはかなり斬新で…。
とあたしは思うのよ。かあちゃんさんのお口にあえばいいんだけど…。
もし、こちらに来ることがあれば、是非お知らせ下さい。
待ってますよ!
[2006/09/20 08:15] rehiromai@yahoo.co.jp remama [ 編集 ]

だんなさん料理人なんですか。
それは大変です。私、さらに力みそうです笑
でも「美味しい」と言われると嬉しいですよね。
私もだんなが料理人だったら、「うまい」と言われても素直に喜べないかもしれない…そんな性格です。
でもそれが本当かうそかなんてどうでもいいことなんですよね。「美味しい」と言ってくれる人がそこにいるんだから、なんてね☆

ところで、remamaさんのご主人のお料理はどこで食べられるのでしょうか?機会があればお邪魔してみたいです♪
[2006/09/19 21:23] remamaさんへ [ 編集 ]

そうですよね。
いつもテーブルに出た時点で「完成」してることを当たり前と思いすぎて…
このサラダにはこれかけてとか、これは味付けできてるからねとか…苦笑
テーブルに出てからもいろんな食べ方があって、新発見があって、料理も食事もいろんな楽しみ方があるんですね。
リキンじゃうんですよね~変なところが笑
もう少し肩の力抜いてテーブルの上でも楽しむようにしてみます☆
[2006/09/19 21:15] kayobayさんへ [ 編集 ]

食べるより作る、聞くより歌う、見るより描く…
そうなんだ。私とは逆なのかもしれない。
でも、話ができてよかった。
一人で悩んでるときは余計なことを考えすぎて頭がこんがらがっちゃうから。
どうせやるなら楽しみたいのが私の考え。
いつか料理も楽しみたい。いつか料理が好きって言える日が来るといいな。
[2006/09/19 21:09] はずかしいな。 [ 編集 ]

そうですよね。
うちもかなり適当、思いつき料理が多いです。
でも、主人おいしいって食べてくれるので、ほっとしています。
何せ、料理人の旦那なので、ちょっと一苦労。
っていうか評価が低いのが気になるところ。
ママは愛情を込めて…、たぶんつくっているんだけどね。
それにしても、毎日の食事の支度は大変よね。
日々、給食とかと重ならないようにって、
考えると、レパートリー少ないママにとっては苦しい…。
でも、楽しくつくることって大切ですよね。
かあちゃんさんもオリジナルの味をつくってってくださいね。
あたしも頑張ります!
[2006/09/18 09:50] rehiromai@yahoo.co.jp remama [ 編集 ]

あ~、なんかいいですね~♪
いい意味で“ちょっぴりマジメ”に料理に向き合ってしまった“かあちゃん”と
肩をトントンと叩いて“ちょっとリキンでるよ~”と息を抜かせてくれる旦那さま、、、、なんだか素敵な関係ですね~♪♪

お料理に、完璧!なんてないと思いますよ、その日その時の気分で美味しいって思う味も変わるし、、、そんなところも家庭の味の良さでは?
私と夫も微妙に味の好みが違うので、仕上げはそれぞれ、、っていうこと多いです。調味料やトッピングを用意して、好みのもので食べるんです。
自分のが美味しいと、食べてみて♪と勧めたり。そんなのも楽しいですよ!
[2006/09/18 01:34] kayobay [ 編集 ]

料理について、ちょっとプレッシャーかけすぎたかな?ブログを読んでびっくり。「かあちゃん」は今息子とキッチンで「特製カレー」を作っているようです。息子がジャガイモの皮をむいているようです。
いろいろ話したけど、あまり気にしないで。オレはもともと食べるより料理を人に作るのが好き。音楽は聴くよりも歌うほうが好き。絵は見るよりも描く方が好き。スポーツは見るよりもやるほうが好き。そういう人です。
だから「かあちゃん」が美味しそうに食べてくれると嬉しくなる。だから週末は作る。それだけのこと。いうなれば趣味の世界。「かあちゃん」の料理は毎日だから、趣味というよりはもっと生活に密着したもの。毎日大変だからシンプルでいいよ、ということです。レシピを見るのも大変だから、まず作ってみて一緒に「うすいねぇ、醤油かける?」「ケチャップにしてみる?」「ちょうどいい味だねぇ」・・・そんな会話をしながら食べられれば、それでいいかな、と。完璧な状態で食卓に並ぶよりは、ある意味そのほうがいいかな、と。毎日のことだから、それ以上に頑張りすぎないでね、ということです。
私は性格上、人に負けるのが嫌だから、ついつい作るときは料理人に負けない完璧な味を、と考えちゃうんだけどね。でもそれは趣味だからできること。よい子のみなさんは、決して真似しないでください。
おじゃましました。
[2006/09/17 18:37] betaken@dj.pdx.ne.jp だんな [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurasitanosi.blog60.fc2.com/tb.php/37-0ba6c59c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。