スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私と珈琲 その3 

…つづき

就職してからの私は、毎日毎日仕事に追われていました。
職場ではインスタント珈琲をよく飲んでいましたが、家で珈琲を飲むことはありませんでした。

始めて喫茶店に行ったのは、その頃職場で知り合った彼(現だんな)とのデートです。
彼は普段缶コーヒーを飲んでいますが、本当は珈琲が大好きで若い頃は喫茶店にいりびったっていたそうです笑(昔は喫茶店のテーブルがゲームだったりしませんでした?遠い記憶に残ってます)
二人で入った喫茶店はビルの中にあるお店でこじんまりした所だったけど、お店の雰囲気が良かったのと珈琲にちょっと興味が出始めた場所でもありました。

たくさんの銘柄が並ぶメニュー。
私は彼に話を聞いてみたけどちんぷんかんぷんで、結局ネーミングに惹かれて決めました笑

それは…ウインナー珈琲です♪

「ウインナー」っていったらお肉のウインナーしか浮かんでこない私にとって、この珈琲が出てくるまでの数分間はもうドキドキでした大笑
けれど私の前に出てきた珈琲は予想に反して小さなカップに入っていました(あたりまえっ←突っ込んでください)。
珈琲の上には生クリームがたっぷり!でびっくり!!!
彼はニコニコ、「飲んでみな」と言われて恐る恐る、おいしかったぁ~☆


正直なところその味はもう記憶にないんですけど、この時の衝撃はとっても大きくて、ずっと私の中に残り続けていました。


でも、それでも普段の生活ではまだまだインスタントのみ。
結婚して、だんなのお母さんも珈琲が好きだと知り、その辺から「いつか我が家で本格珈琲を」と言う思いを胸に秘めながら生活していました。

そんな我が家に本格珈琲がやってくるまでもう少し、つづく…
スポンサーサイト

[2006/06/26 06:27] 飲む | TB(0) | CM(6)

ふいちゃいましたか笑
ウインナー珈琲を自分で作って飲むのがずっと夢だったんです♪
あの頃どうやって飲んだか覚えてないんですけど、今度飲むときはチュチュチューってやってみます♪
[2006/07/06 23:09] まさみさんへ [ 編集 ]

はじめまして。
毎日楽しいことばかりじゃないですけど、どうせなら「楽しみたい」って思います。
子供のことで言えば、私の心の持ちようで良くも悪くも変わるんですよね。自分をしっかりコントロールして、いろんな楽しみを見つけながら暮らしていきたいです☆
[2006/07/06 23:06] ochiyoさんへ [ 編集 ]

「ウインナー」っていったらお肉のウインナーしか浮かんでこない私にとって、この珈琲が出てくるまでの数分間はもうドキドキでした大笑

思わず、珈琲ふきだしました。笑。
私も小さい時、同じこと思ってた♡
ビターな苦いブラックを好む私も、たまに無性に飲みたくなるんですよ♪
冷たいクリームと熱い珈琲が混ざった部分(決して、かき混ぜたりしてはいけません)
を、チュチュチュー♡って、すするんです。
あ~っ、飲みたくなってきた。


[2006/07/05 14:20] まさみ [ 編集 ]

子育てがんばっていますね。
毎日が楽しそうですね。
[2006/07/02 17:47] ochiyo [ 編集 ]

だんなさまと一緒に飲めないのは残念ですね。
でももー少ししたらお子さんたちと飲めるかもしれませんね☆
喫茶店はまだ数えるほどしか行ったことがないのですが、近々喫茶店めぐりを始める計画でいます♪
珈琲の話はもう少し続くので、よろしくお付き合いください。読んでくださって嬉しいです☆
[2006/06/27 08:10] 雨さんへ [ 編集 ]

かあちゃん、こんにちは~。

珈琲のお話、私も珈琲大好きなので、楽しく読ませていただいています^-^

私も子供の頃から珈琲は身近なものでした。
というのも両親が珈琲好きで、よく珈琲を淹れてふたりで飲んでいたんです。
あと喫茶店にもよく連れて行ってもらってたみたい。

ブラックがオトナ、と思っていたのは私も同じ。(笑)
高校生の頃、喫茶店にかよって彼と練習したりして。なつかしいぃ~^^
ちなみに私がそこで初めて飲んだのはカプチーノでした。
出てきたときは「なんだこりゃ?」と思いました。(笑)

かあちゃんはウィンナコーヒーだったんですね~^^
ご主人も珈琲好きでいいな。
うちはね、ダンナが珈琲キライでー。(x_x)
なのでいつもひとりで飲んでます。^^;

それではまた続きを楽しみにしていますネ
[2006/06/26 14:48] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurasitanosi.blog60.fc2.com/tb.php/20-88d68d64





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。